第21回基本錬成大会に2チームで出場しました!

こんにちは!前回の投稿は梅雨真っ只中の7月初めだったので、約2ヶ月が経ってしまい・・・大変ご無沙汰してしまいました。

相模原市は8月26日より学校が始業したので、既に夏休みモードも抜けて通常通りの生活に戻られたのではないでしょうか。9月に入ってもまだまだ残暑が厳しそうなので、体調管理にはぐれぐれもお気をつけて下さい。

第21回基本錬成大会にA・Bの2チームで出場しました!!

昨日、相模原ギオンアリーナにて第21回基本錬成大会が開催され、新磯剣心会からはAチームとBチームの2チームで出場しました。

開会式の様子

基本錬成大会は通常の試合と違い剣道の基本の錬成度を競うもので、判定の対象は「礼法」「切り返し」「打ち込み稽古(面打ち2本→小手面2本→小手胴2本)」「掛かり稽古(15秒)」となります。

Aチームの結果

Aチームは予選リーグを2勝して、勝者数差で予選リーグ2位通過となりましたが、決勝トーナメント1回戦で2-3で惜しくも敗退してしまいました。

副将戦・大将戦ともに1-2の判定で敗れてしまいましたが、本当に勝敗が紙一重の決着だったのだと思います。

Aチームはベスト16でした

Bチームの結果

Bチームは基本錬成大会に初めて出場する子を含めたメンバーも多く、緊張と不安で固くなってしまっている様子でしたが、予選リーグを1勝1敗で予選リーグ3位となり、惜しくも決勝トーナメントには進出できませんでしたが、夏の暑い時期に一生懸命稽古してきた成果は出せました!!

Bチームは惜しくも予選リーグ敗退でした

敢闘賞(ベスト8)に手が届きそうで・・・

Aチームは決勝トーナメント1回戦を勝ち上がればベスト8で敢闘賞を獲得できたのですが、もう一歩のところで届きませんでした。
昨年の基本錬成大会もベスト16だったので、もう一つ上に行きたかったのですが・・・・元立ち(ナカノヒトはAチームの元立ちでした)の力不足なんだと思います。

来年こそはもう一つ上、更にその上を目指したいですね!!

午後は低学年チーム・高学年チームに分かれての練成会に参加しました

基本錬成大会が午前中に終わり、午後からは小学生の低学年と高学年に分かれての団体戦の練成会が行われました。

しばらく基本錬成大会に向けての稽古を重点的にやっていたので、高学年チームに帯同していましたが動きがあまり良くなかったように感じました。

午前中の基本錬成大会が終わり、気持ちが切れてしまっていたのでしょうか?
11月には白井杯があるので、そこまでにまたしっかりと稽古していきましょう!!